<< エコキュートの転倒 | main | 大震災から1ヶ月で148件の“エコキュート・倒壊”の問い合わせ >>

クレーム転じて太陽光発電システム

2011.04.11 Monday
JUGEMテーマ:日記・一般
  先週、お客様からお電話がかかってきました。

 設置して5年と半年ほど経ったエコキュートの具合が悪いとの事。

 急いで行ってみると、太陽熱温水器とエコキュートの切り替え電磁弁が

誤作動をしてエラーが出ていたので、エコキュートは正常でした。

 昨年も、太陽熱温水器の不都合でお呼び出しを受けていました。

 お客様からは、『最初に、もっと強く、太陽熱温水器をはずすように

言ってくれていれば良かったのに』っと前回も言われましたが、5年前は

『とっても快調に温水を作っている』といわれていたので・・・

 エコを推進している者としては、ついつい残そうと・・・

 そこで、今回は太陽熱温水器を撤去することになりました。

 そんな打ち合わせの最中に、奥様が『太陽光発電の見積を以前もらったけど

高かったから、やっぱり手出しになるみたいね』っと言われました。

 えっ・・・見積??

 『見積ですか?私は、出してませんよ』・・っと私

 『えっ、お宅の会社もしているの?』・・っとお客様

 『もちろんですよ、でも、最初に伺った時に太陽光は必要ないと、きっぱりと

言われていたので、一言も触れてなかったのです』・・っと私

 『今なら、いくらくらいなの?』・・・っとお客様

 願ったり、叶ったり!!

 その場で採寸して、見積を作って・・・現場に戻ったら、丁度取り外した

太陽熱温水器をトラックに乗せているところでした。

 お客様には、単結晶と多結晶の2つのパターンで見積を作りましたが、

費用対効果の高い単結晶で決まり。

 ひょうたんからコマ、、、いやいや、クレームから太陽光発電。
仕事comments(0)trackbacks(0)|-|-|by ホッキョクグマのパパ
コメント









この記事のトラックバックURL
トラックバック
 
    

ページの先頭へ